フォトアルバム
Powered by Six Apart

ウェブページ

お出かけ・旅 Feed

2011年12月21日 (水)

大阪光のルネッサンス

Osaka大阪市役所前

久しぶりのブログ更新。中之島でやっている、大阪光のルネッサンスに行って来ました。この日は平日でしたが結構な人出で賑わっていました。クリスマスと重なるこの週末は、きっと凄い事になるんでしょうね〜。中之島界隈あっちこっちに輝くイルミネーションの美しさも然ることながら、かなり感動的だったのが中之島図書館正面に映し出される、光のエンターテイメント「ウォール・タペストリー」。入れ替え制で10分くらいのショーですがこれが凄い!一見の価値ありです。その一部を写真に撮って来ましたので、実物の感動は到底伝わりませんが、雰囲気だけでもどうぞ。

Osaka2実際には映し出される絵がどんどん動いて行きます。


Osaka3曲名は忘れましたがBGMもグッドでした。


Osaka4


Osaka6


Osaka7

Osaka8


Osaka9感動のエンディング

2011年12月12日 (月)

鳥取砂丘のラクダはどこ行った?

Sand2鳥取砂丘にて

鳥取砂丘日帰りバスツアーに行って来ました。食事はカニ三昧で、お土産にもカニや甘エビの詰め合わせが付いてるこのツアー、お得度が高いです。ちなみに鳥取砂丘は2度目ですが、今回は夜の砂丘で観るイルミネーションが綺麗でした。規模は小さいですが、ライトアップしている砂丘をバックに観るイルミネーションというのも、なかなか面白いですね。鳥取砂丘といえば、あのラクダが有名らしいのですが、なぜかしらまだ一度もラクダに遭遇したことがない。土産物屋にもラクダのキャラグッズが沢山おいてあって、お約束のキティやキューピーに、ワンピのチョッパーとラクダのコラポのストラップなんかも、わんさかと並べてある。ラクダには会えなかったけど、砂丘では馬が馬車を引いてました。きっとラクダも寒さは苦手なんでしょうね。でも砂丘でラクダってどうよ?砂漠に見えない事も無いけど、何か違うような気がするんだけどなぁ〜まあ良いけど(苦笑)


Real ElvisReal Elvis
Elvis Presley

Sony UK 2011-06-28
売り上げランキング : 33267

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

今日のセレクトは、エルヴィス・プレスリーの初期ベストアルバム「Real Elvis」。この人も手を変え品を変え、次から次えとベスト盤が出るアーティストですね(笑)これは今年発売された初期エルヴィスのベスト盤なのですが、なんと3枚組90曲入りで1000円でおつりが来るという安さ!勿論道パチもんCDではなく、れっきとしたソニーから出ているアルバムなのでご安心を。手っ取り早く初期のロックンロールなエルヴィスを聴いてみたい人には、うってつけの内容です。1000円でキング・オブ・ロックンロールをお勉強してみましょう〜♪

2011年12月 7日 (水)

浜松〜つま恋

Fujisanホテルの部屋からみえる富士山

技術者仲間と浜松へ研修旅行に行って来ました。宿泊は浜松からクルマで一時間程の距離にあるつま恋のホテル。数々の音楽イベントが行われて来たヤマハのリゾート施設ですね。この日はとにかくお天気が良くて、ホテルの部屋からは富士山がくっきりと見える。2年前の富士登山以来のご対面である。ここはスポーツを中心としたレクレエーションが充実した環境で、乗馬や本格的なカートのレーシング場もある。せっかくなので私はアーチェリーをやってみた。インストラクターに構え方から教わりながら、20m程先にある標的に向かって矢を放つ。これが以外にも的の真ん中あたりに、面白いように突き刺さっていく。インストラクターからはお褒めのお言葉を頂いて、一緒にやってた連中からもアーチェリーの選手に転職したら〜とヤジが飛ぶ(笑)思っていた以上に面白かったアーチェリー初体験でありました。

Second HelpingSecond Helping
Lynyrd Skynyrd

MCA 1997-11-04
売り上げランキング : 58529

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
今日のセレクトは、レーナード・スキナード1974年の作品「Second Helping」。久しぶりにオールマンを聴いてからサザンロック数珠つなぎ(笑)オールマンがジャムバンドの要素を併せ持つのに対して、カントリーのエッセンスを併せ持つレーナードは、より南部なサウンドといえるかもしれません。売りは何と言っても重厚なトリプルギターサウンドですが、「Sweet Home Alabama」のようなキャッチーなサウンドも魅力の一つ。プロデュースのアル・クーパーの手腕も光るところ。オールマンにしろレーナードにしろ、もしオリジナルメンバーが生きていたら、この時代にバンドはどんな風になっていたのだろうか。。


2011年11月27日 (日)

西国巡り 勝尾寺

Katuozi勝尾寺

西国巡り、箕面にある勝尾寺へ行ってきました。此所もなかなか不便な山の上にあって、バスも一時間に一本しかありません。そのバスも紅葉の見頃の時期と重なったせいで満員でした。山の上に向かって走るバスの中から対向車を眺めていると、他府県ナンバーの多い事に気がつきます。この勝尾寺は「勝つ」という勝ち運信仰の有名なお寺で、選挙、スポーツ、試験、芸事、あらゆるジャンルの勝ち運を授かりに、全国から大勢の人が訪れるそうです。真っ赤な「勝ちダルマ」も有名で、大小色んなダルマが置いてありました。勝ち負けだけが人生ではありませんが、とりあえずお祈りだけはしてきました♪いよいよ西国三十三カ所巡りもあと一カ所で満願です。
残すは三十三番所の華厳寺ですが、ここは桜がとても有名なところなので、あえて春の桜の満開の時期に合わせて締めくくろうと思っています。およそ2年がかりで廻って来た巡礼の旅も、もうすぐゴールです。

2011年11月13日 (日)

西国巡り16 松尾寺

Matuo

もう先週になりますが西国巡り、京都にある松尾寺に行って来ました。大阪からバスで舞鶴まで行き(電車よりも安い)そこからタクシーをチャーターして(2時間5千円)目的地までたどり着きました。京都と言っても、ほとんど福井県との県境に位置する山のうえのお寺で、冬はタクシーの運転手さんも嫌がる豪雪地帯だそうです。紅葉にはまだ早かったですが、濃い緑がとても綺麗な所でした。西国巡りもいよいよ残す所あと2カ所。2年がかりの旅も終わりに近づいて来ました♪


ParanoidParanoid
Black Sabbath

Warner Bros / Wea 1987-07-07
売り上げランキング : 21890

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

今日のセレクトは、ブラックサバス1970年の作品「パラノイド」。長い歴史のある元祖ヘヴィーメタルなグループですが、なんでもオリジナルメンバーで、再結成ワールドツアーをするらしい。当然日本にもやってくるでしょうから、これはちょっと観てみたい気がします。その前にオジー・オズボーン歌えるのだろうか。。。

2011年11月 7日 (月)

久しぶりのUSJ

Jurassic

数年振りにUSJに行って来ました。今回はバンドメンバーと家族、友人という多人数でのインパでしたが、大勢で行くとやっぱり楽しいですね。TDLでの多人数のオフ会に参加してた頃を思い出しました。特に若いサックス女子二人は元気で、二人のはしゃぎ振りが眩しいおじさん達でありました(笑)スペースファンタジー・ザ・ライド初めて乗りましたが、TDLのスペースマウンテンみたいで面白かったです。USJは今年で10周年。更に20周年の頃にはどうなってるんでしょうね。

2011年10月15日 (土)

西国巡り その15 穴太寺

Tera

西国もいよいよカウントダウン。今回の穴太寺で残す所あと4カ所。この日は西国巡りを始めて丁度2年目にあたる日でした。京都は亀岡にある穴太寺。実にのどかな風景の中にあるお寺でした。途中で見かけるメダカにバッタにカマキリ。おまけにセミまでまだ鳴いていたのには驚きました。亀岡って初めてでしたが自然に溢れた所ですね。この穴太寺には釈迦如来涅槃像という
横になったお釈迦様があって、触るとご利益があるということからか、表面はみんなに触られてツルツルピカピか。私もしっかりと触りまくってきました。それにしても亀岡って素朴でのどかな良いなぁ〜♪次の西国巡りは箕面の勝尾寺へ行ってきま〜す。

2011年9月19日 (月)

西国巡りその14 醍醐寺

Godaizi醍醐寺 国宝五重塔

西国巡り、今回は京都の醍醐寺に行って来ました。春の桜と秋の紅葉が有名なお寺のせいか、この時期は人も少なくのんびりと観て回れました。この醍醐寺ですが世界遺産にもなっていたんですね〜無知な私は全然知りませんでした。本来なら醍醐寺の麓から一時間程歩いて、山の上にある札所まで御朱印をもらいに行くのですが、2008年の山火事で札所が全焼したために麓の金堂でもらいます。西国巡りも残す所あと5カ所。年内にあと3カ所は廻りたいと思っています。

2011年8月24日 (水)

西国巡り その13 長命寺、観音正寺、宝巌寺

Saigoku長命寺

西国巡りも残り少なくなって来ました。今回は滋賀県の長命寺、観音正寺、宝巌寺の3カ所を廻って来ました。長命寺と観音正寺は長〜い階段を登らないと行けない山の上のお寺。結構きついです。宝巌寺は琵琶湖の中に浮かぶ竹生島の中にあるお寺。一見海のように見える程大きな琵琶湖ですが、淡水なので風が吹いても潮風のようにベタ付かないんですよね。片道30分程の船旅は心地よかったです。せっかくなので帰りに彦根まで足を伸ばして彦根城見学。あの元祖ゆるキャラの「ひこにゃん」も観て来ましたが、凄い人気振りでした。次回は箕面の勝尾寺へお出かけの予定。秋の紅葉が綺麗なところですね〜三十三カ所コンプリートまでもう一息です。

Hikonyan_2


2010年8月31日 (火)

富士登山 その3

Fuji21ご来光を待つ人達
午前3時に山小屋を出発し、真っ暗な中をヘッドライトの光を頼りに本八合目まで登り始める。8合目までは急な岩場が続きます。六甲ロックガーデンでウォーミングアップしたおかげで?そんなに苦労する事も無く岩場を登っていけましたが、先の見えない真っ暗な岩場は少々怖かったですね〜(汗)おかげでここは写真を撮る余裕もありませんでした。


Fuji20
明け方5時頃。空の色が変わり始めて日の出が近づいて来ると、本八合目の山小屋の前でご来光を待つ人達が、俄然元気になってきます。この時間帯が一番気温が低くて、さすがにTシャツとフリースだけでは限界。ダウンジャケットを引っ張り出してご来光に備えます。当初から頂上でご来光を眺める予定は無かったので、のんびりとこの本八合目でながめます。


Fuji23
ご来光の始まり〜

Fuji24

Fuji22_2
日の出とともに体感温度も上がってきます。


Fuji26
めでたくご来光も拝めて、あとは山頂に登るだけ。本8合目からゆっくり、ゆっくりと岩場の続く9合目へ向かう。途中で酸素を吸ったり、食べる酸素を口に含ませたりして、大きく息を吸い込みながら歩きます。確かに酸素を吸うと、その瞬間だけは胸の辺りがスゥ〜っとする感じになります。これが効いたのか?ここまでで体調の変化は無し。そしていよいよ頂上の鳥居が見えた!ゴールも間近です。


Fuji27
此所が夢にまで見た頂上の鳥居。ちょっとオーバーか?でも嬉しさのあまり鳥居をさすってしまいました(笑)この晴天と体調を壊す事無く登れた事が一番嬉しかったですね。此所まで来る途中で、明らかに高山病で気分が悪くなり、動けなくなっている人を結構見かけました。このシチュエーションで体調を壊すのは、本当に辛そうで気の毒でした。さて、次回は富士登山、山頂編。最終回でございます(笑)お付き合いありがとうございます〜