フォトアルバム
Powered by Six Apart

ウェブページ

« 2012年4月 | メイン | 2012年6月 »

2012年5月

2012年5月31日 (木)

生活保護

Tutanこんなん売ってました

ここ最近忙しくてブログが滞っております。ベースの練習とは別に勉強しないと行けない事もあって、一週間が早いのなんの。
そんな中先週の日曜日は甲子園で、関本のさよなら押し出しデッドボールの試合を観てきました。まあ勝てば結果オーライということで(笑)それにしても新井、あかんなぁ。。。頑張れ〜!

最近のトレンドキーワードは「生活保護」。なぜか吉本芸人が次々とネタを提供しているようですが、実際問題どうなんでしょうね。周りでも生活保護受けてるのに、良い車にのって旅行に行ってるとかいう、都市伝説のような話を耳にするのですが。そんなに生活保護ってシステムは野放し状態なのだろうか。先日テレビで見た奈良県の市営住宅の、長期家賃滞納問題のニュース。なんと10年以上家賃を滞納したまま、平気で市営住宅に住んでいる輩がゴロゴロいるそうな。中には24年滞納という、ギネスに挑戦してるのか?と言いたくなるような強者も存在する。こんなずさんな役所の管理の実態を見ると、まんざら野放しという表現も間違ってはいないような気がします。

ゴールデン☆ベストゴールデン☆ベスト
坂本九

EMIミュージックジャパン 2002-06-19
売り上げランキング : 46206

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
今日のセレクトは、日本ポップス界のパイオニア、坂本九のゴールデン・ベストアルバム。こんな時代だからこそ彼の「上を向いて歩こう」や「明日があるさ」を聴きながら、真面目に元気良く頑張りたいものであります。

2012年5月23日 (水)

グランキューブ大阪

Audio

audio-technicaの50周年を記念するイベントライブのチケットが当たったので、グランキューブ大阪へ行って来ました。この日の出演はSOIL&"PIMP"SESSIONS DefTech Metis 山崎まさよしの4組。どのアーティストも生は初めてでしたが良いライヴでした。中でも存在感が際立っていたのは、やはり山崎まさよし。彼が叩くパンディロのリズムをサンプラーのループで流して、一人バンド状態で歌ってたのはお見事。トークも曲も良くて、お金払ってもう一度観たいという気にさせてくれました。他に凄い人気だったのがDefTech。かなりファンとおぼしき人達が来てましたね。このチケットどれくらいの倍率で当たったのか分かりませんが、良い物を観させていただきました♪audio-technicaさん、サンクス!&50周年おめでとうございます。私も自宅でのベースの練習用ヘッドホンアンプはaudio-technicaでございます〜


ライヴ~情念ライヴ~情念
デイヴ・メイスン

ソニー・ミュージックレコーズ 1992-03-01
売り上げランキング : 180931

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

今日のセレクトは、デイヴ・メイスン1976年の作品「ライヴ〜情念」久しぶりに引っ張り出して聴いてますが、この時代の独特の空気まで詰め込まれた、良いライヴアルバムですね。ファンキーなイントロのフィーリン・オールライトでスタート。コーラスワークの冴えるイーグルスやディランのカヴァーなど、バラエティなセットで気持ち良く聴かせてくれます。オペーションの音も今聴くと、やたらと新鮮に聴こえて来ます。日本人受けするメロディーラインが多いデイブ・メイスン。また再評価される事を願います。

2012年5月18日 (金)

ベスト・ベーシスト&ドラマー100選

Isi

今月のレコードコレクターの特集は「20世紀のベスト・ベーシスト&ドラマー100選」まあこの雑誌のライターの事だから、外せない王道のプレイヤーとは別に、マニアックなプレイヤーの名前も当然出ていることでしょう。でもこれはあくまで音楽評論家の立場から選んだ人選で、純粋にプレイヤーの立場からの選び方とは違うはず。ベーシスト、ドラマーが同じ企画で選んだら弱冠違った順位になっていたと思います。その人の本当の凄さはプレイヤーの立場からでないと、絶対に分からない部分がありますからね。ちなみにそれぞれ一位はポール・マッカートニーとジョン・ボーナムのようでしたが、これはどちらも納得の人選でした。2位以下はこれから読んで楽しませていただきます〜♪
そしてこの本が出る数日前に亡くなった、ドナルド・ダック・ダンのご冥福をお祈り申し上げます。


マクレモア・アヴェニュー+6マクレモア・アヴェニュー+6
ブッカー・T.&MG’s

ユニバーサル ミュージック クラシック 2011-11-09
売り上げランキング : 52163

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

今日のセレクトは、ダック・ダンの追悼の意味を込めてブッカーT&MG,Sの「マクレモア・アヴェニュー+6」あのビートルズのアビイ・ロードを、MG,S流に料理したらこんな風になりました!というアルバム。ダック・ダンはポールのベースラインをどんな風に味付けして弾いているのか、ベーシストにしてみたらそれだけでも楽しめるアルバムです。それにしても彼の最後のステージが日本だったというのが、何とも言えない気持ちになります。東京ブルーノートのセカンドステージでは、かなり辛そうで、イスに座っての演奏だったそうです。中々機会が無くて、彼の生の演奏を見れなかった事だけが心残りです。ご冥福をお祈り申し上げます。

2012年5月13日 (日)

アッという間に一週間

Kasa高野山にて

連休からはや一週間。今週は怒濤のごとく忙しかったです。やっぱり気持ちに余裕がないとブログなんて書けませんね。仕事のポジションが変わったおかげで、今までやらなくて済んだ雑用に追われております。馴れないものだからダメだし食らって、更に余裕のない毎日(笑)くだらない数字の管理は技術者にとって全く無用の長物。こんな事してる時間があったら技術のスキルアップに時間を費やしたいものであります。
とまあ少々ぼやいたところで、明日は夕方から「鶴瓶話2012」へ行ってきます。今年はサンケイホールブリーゼ。中が真っ黒なホールですね(笑)どんな話が飛び出すか楽しみであります。


StampedeStampede
Quantic Soul Orchestra

Tru Thoughts 2008-05-06
売り上げランキング : 60212

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

今日のセレクトは、クオンティック・ソウル・オーケストラ2003年の作品「STAMPEDE」。実に生っぽい土着系ファンクの部分とアシッドジャズの心地よさを兼ね備えたクラブミュージック?まあ例え出したらキリが無いですが、とにかく気持ちの良いグルーブを体感できるアルバムである事には間違いありません。このクオンティックという人は中々の要注意人物。最近もソウルファンのツボを押さえた良いアルバムを出しているので、また近いうちにご紹介いたします♪

2012年5月 6日 (日)

連休おしまい!

Zen

長い連休も今日でおしまい。連休最後は劇団四季のサウンド・オブ・ミュージックを見て来ました。個人的には期待以上に良かったです。映画のあの素晴しい出来映えが印象にあったので、舞台化してどうなのかな?と思ってましたがさすがに四季ですね。感動させてくれました。でも連休にしては少々空席があったのが残念でしたが。これだけ毎日やってたら、こんなもんなんでしょうかね。それにしても子役達の歌の上手さは半端なかったです。みんな可愛かったですよ〜お見事でした♪さて明日からは通常モードに切り替え。5月から夏に向けて、仕事もプライベートもやる事満載であります。しかしこの連休に散在したおかげで財布の中はスッカラカン。月末までどうすんね〜ん!

ハイブリッド・セオリーハイブリッド・セオリー
リンキン・パーク

ワーナーミュージック・ジャパン 2001-02-07
売り上げランキング : 4898

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

今日のセレクトは、リンキンパーク2001年の作品「ハイブリッド・セオリー」。明日からの仕事モードの切り替えにリンキンを大音量で聴こうかなと(笑)ファーストアルバムというせいか、インダストリアルなサウンドは今以上に尖ってますね。チェスター・ベニントンとマイク・シノダの、メロディアスなボーカルとラップの見事な融合。それをパワフルなギターサウンドが、更にそれを強めて聴くものにエネルギーとなって伝わってくるような気がします。気合いを入れたい時に彼らの一曲をどうぞお試し下さいませ(笑)

2012年5月 5日 (土)

高野山

Koya金剛峯寺にて

今日は世界遺産めぐりと称して高野山へ行って来ました。さすがに連休だけあって結構な賑わいでした。世界遺産のせいか外人の数も多かったです。高野山もじっくり観て回るには一日では無理ですね。お寺の数の密集度がかなり高いです。司馬遼太郎が高野山の事を「宗教都市」という表現をしていますが、標高800mの山上は正にその通りの空間といえるでしょう。
とまあそんな格式高い高野山ですが、ここにもやっぱり居たんですよね〜ご当地キャラが(笑)この写真がそうですが、名前は「こうやくん」。そのまんま何のヒネリもないです(笑)まあ奈良のせんとくんよりは素直に可愛い気がしますが。。。

Kyara

でもねえ、何となく何処かで似たようなキャラを見た記憶があるなぁ〜?と記憶を遡ってみたらありました。それがこの写真の、天橋立ご当地キャラ「かさぼう」似てると思うのは私だけ?まあべつにどっちでも良いのですけど(笑)

Kasa

モーツァルト:オーボエ協奏曲モーツァルト:オーボエ協奏曲
ベーム(カール)

ユニバーサル ミュージック クラシック 2005-12-14
売り上げランキング : 152

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

今日のセレクトは、カール・ベーム指揮 ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団の、モーツァルト:オーボエ協奏曲/クラリネット協奏曲/ファゴット協奏曲。モーツァルトの木管の協奏曲が一同に聴けて、夜一人で聴くと実に心地よく癒されるアルバム。
良いですね〜この木管楽器の音色というのは♪更にはこの中のクラリネット協奏曲は、モーツァルトがほとんど死の直前に完成させた曲というから、余計にしんみりさせられます。この時モーツァルト35歳。晩年というにはあまりにも若すぎて悲しい最後でした。

2012年5月 3日 (木)

野球小僧

Boy京セラドームにて

連休3日目。昨日は京セラへオリックス戦を観に行って来ました。在阪球団ということでタイガース程ではありませんが、一様応援しております。明日は甲子園での巨人戦に行って来ます。こうやって書くと凄い虎キチみたいですが、あのガラの悪い虎ファン?は苦手です。ただ日頃の鬱憤を、野球で晴らしているだけのような応援は嫌いですね。勝てば大いに持ち上げて、負ければボロクソなのは、メジャーでいえばヤンキースのファン辺りに似ているのかも。それにしてもレンジャーズのファンは優しいですね。阪神ファンならダルビッシュの最初の2試合の内容だけで、もうボロクソでしょうから(笑)少しは見習いたいものです。たかが野球。されど野球〜でございます。

風神雷神風神雷神
→Pia-no-jaC← 樫原伸彦

バウンディ 2009-07-08
売り上げランキング : 3568

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

今日のセレクトは、Pia-no-jaC 2009年の作品「風神雷神」。ハイペースでアルバムを作っているピアノ&カホンのデュオ「ピアノジャック」。英語で書くとPia-no-jaCですが、反対から読むとカホンと読めるという、中々洒落たグループ名。私の周りでも評判良いですね。ジャンルの幅が広くてライヴの演奏もパワフル。このアルバムのオープニングを飾る「台風」の映像をご覧下さいませ♪





YouTube: →Pia-no-jaC←「台風」